DAR 3 はメイン画面から半独立した3つのモジュールが起動します。音声の編集やテキスト・画像のシンクロ、ページの追加などを行う「編集画面」。音声の編集が終わってからテキストをシンクロ、追加する「ATAU」。プロジェクトの整理の後、完成確認をする内蔵プレーヤー「QAプレーヤー」。
以下は、それぞれの画面です。

メイン画面
メイン画面(画面は『盲導犬アンドリューの一日』)

編集画面
編集画面(Edit Screen 画面は『ディスレクシアの本』)

ATAU
ATAU(画面は『お父さんのパン作り』)

QA画面
QAプレーヤー(画面は『恵那山の草花』)

説明画面は、LpStudio Plus JP(日本障害者リハビリテーション・開発、株式会社エルザ・発売)の画面を使っています