前提

パソコンを使った録音は、難しいものではありません。適した機種を選び、録音環境を整えることが、必要なことがらです。
ノートやスリムタイプのテーブルに設置するタイプは、HDDや本体がマイクと同じテーブルで近くに設置されますから、不向きな録音スタイルです。また、ノートのサウンド・カードが不良の場合は、取替えができませんから、機種によって録音できない状態のものもあります。USBのサウンドカードを使うことが不可能な機種もあります。
床に設置して、ディスプレイとキーボードをテーブル置くスタイルをお薦めします。ただし、冷却ファンの音の静かなパソコン、または冷却ファンをサイレントタイプに交換することをお薦めします(一個、2000円程度です)。

カセットの録音準備

 1.カセットテープをセット
 2.テープスピードの選択
 3.モードの選択、ドルビー選択
 4.録音レベル調整 「0dB」
 5.録音スタート

Sigtuna DAR 3 の録音準備

 1.メイン画面を起動
 2.サンプリング周波数選択
 3.録音モード モノ/ステレオ
 4.キャリブレーションで録音レベル 「−6dB」 10秒の測定
 5.録音スタート

結論

カセットの場合とSigtuna DAR 3 を使って録音する手順を1〜5まで比較してみました。
準備すべき手順はほとんど変わりがありません。カセットでの録音とパソコンでの録音は、録音である以上「同じだ」ということになります。

キーボード メイン画面でのキー操作

録音の操作はマウスよりもキーで操作することをおすすめします。スペース・キーのスイッチングで音の出ないキーボードに交換するとよいでしょう(2000円程度)。

録音

  ●開始  CTRL+スペース
  ●テキスト移動  CTRL+T (シンクロさせるテキスト個所の移動)
  ●停止  スペース

再生

  ●開始  スペース
  ●停止  スペース

見出移動

  ●↑ または ↓
※ 赤い印の付いたキーだけで録音・再生など基本操作ができてしまいます。